美容外科・美容整形して後悔しない為に!美容整形を受ける前に
誰だって美容整形後に後悔したくはありません。では、美容整形を受ける前にどのようなことを知っておいた方がいいのでしょうか?このページでは治療を受ける前に押さえておきたいポイントについて紹介しています。
重要ポイント!手術後のアフターケアの有無をチェック! 手術後のアフターケアを事前に確認
敷居が高いというイメージがあった美容整形も、今では身近なものになり、手軽に行えるようになってきています。美容整形を受ける際、考えておくべき点がいくつかありますが、中でも特に重要なのは「治療後のアフターケア」です。『何らかのアクシデントで治療した部分に痛みが出てしまったら』『せっかく綺麗にしたのに、崩れてきてしまったら…』などを考えると、アフターケアは非常に重要なウェイトを占める部分だといえます。
アフターケアが必要な施術ってどんな施術?
アフターケアを必要とする美容整形は、意外にも限られてきます。例えば、脂肪吸引です。脂肪吸引後、皮膚が硬直したり表面に凸凹が出来たりしますが、これは脂肪が除去されて皮膚が回復に向かっている証拠です。その硬直状態のお肌を柔らかくするためのマッサージやストレッチを行う必要があります。脂肪吸引の他には二重まぶたの治療がありますが、これにはいくつもの治療パターンがあるので、それぞれに合わせたアフターケアが必要です。
クリニックで行うアフターケア
美容外科が行うアフターケアには、皮膚や体内組織に直接働きかけ、治療時に負担がかかった部分のコンディションを整える目的があります。これによりダウンタイム期間が短くなります。美容外科によっては鎮痛剤などの薬に始まり、むくみ、肌荒れといった症状の解消に効果的な漢方薬を無料で処方してくれる所もあります。
プチ整形
プチ整形には、メスを使わずに手軽に顔の印象が変えられる、という特徴があります。それだけにアフターケアも簡単で、一般的には定期的に注射を打つ、まぶたの糸が切れないように処置をする事が主な処置内容です。
豊胸術・脂肪吸引
美容整形の中でも人気が高い「脂肪吸引」と「豊胸手術」。これらの美容整形には、トリートメントマッサージや新陳代謝を活発にするアフターケアが必要です。豊胸手術の場合、乳がん検診を行ってくれる美容外科もあります。
自宅で行うアフターケア
アフターケアには美容外科で行うものと、自宅でも行えるものの2つに分けられます。ここで注意したいのが自宅でのアフターケアの事。自己流でマッサージを行うのは危険です。美容外科医の指導のもと、正しいアフターケアを行っていく事が大切です。マッサージやストレッチの他に、サポーターを使うケア方法もあります。
脂肪吸引
脂肪吸引後、自宅で行うアフターケアは主に患部を圧迫することです。個人差があるものの、痛みは約1周間から2週間がピークです。皮膚の硬さが気になってきたら、浴室でゆっくりとマッサージをするのが効果的です。
シミ治療
シミの治療も、根強い人気がある美容整形のひとつです。美容外科が処方する薬と合わせて紫外線対策を行います。特別なアフターケアは必要ありませんが、基本的な紫外線ケアを徹底するように意識しておく必要があります。
しっかりカウンセリングで美容整形を失敗させない
美容外科・美容整形に関するギモンや不安にお答えします!よくあるご質問
美容整形コラム
美容整形したら
長期メンテナンスが必要?
美容整形は、アフターケアがしっかりしてこそ初めて成功といえます。美容整形には肌や体全体に負担をかけてしまうものもあります。アフターケアを怠ると肌荒れが悪化したり、傷口の痛みがなかなか引かなかったりといったトラブルを引き起こしてしまいます。長期的にアフターケアを行う事で、新たな悩みにも早急に手を打つことが出来ます。